潜伏
  • Sign

© 2005-2019 Ibiryo. all rights reserved.

  • Twitter Clean
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトSoundCloudがアイコン
  • icon_Pixiv
  • icon_booth
  • icon_comiczin
  • ホワイトYouTubeのアイコン
検索
  • いびりょ

潜伏



2019年を年賀状を描かずに迎え早4ヶ月目を過ぎる頃。

最近ほんの少し猶予が出来た為、まずはこの母屋を掃除した。

拙い絵は額縁に入れ、背景はわたしのアタマと同じ真っ白になった。


確かに、数ヶ月ほど他所様に廻るぐらいには

暇ではなかったが…。







それよりも、お世話になっている方々に

好きでもない自分の曲を「好きです、よく聴いてます」と言わせてしまった

自分が何より一番情けなかった。


そう、此処にあるのは誰も聴いてなんていない。

全て時間の無駄。

そう、全てカウント数が現実を正直に教えてくれる。

それなのに、創作という病気はこれぐらいでは治らない。

金にならない創作なんてその最もたる例だ。

それこそ明日は月曜日なのに、

今まさに文字を書き音を打ちペンを僅かに削っている。

醜いものだ。


どうせ私なんて、アラサー世帯なし彼女なしのしょうもないオッサン。

病状が進み何処まで落ちぶれるか楽しみじゃないか。

全く、また夏が待ち遠しい。

もうすぐ平成ともさよなら。

自分たちの時代は終わりだ。

レイラじゃない、令和だ。


さて、運転手さん。スピードを下げてくれ。

何やってんだバカ、スピードを落とせ。



8回の閲覧